記事一覧
Topに戻る
  • TOP
  • Google Apps Script
  • Google Apps ScriptからSlackとLINEと連携するbotを作る手順を紹介します

Google Apps ScriptからSlackとLINEと連携するbotを作る手順を紹介します

更新日:

by @Panda_Program

Google Apps Scriptのエディタ

Google Apps ScriptからSlackやLINEに通知を送る

この記事は、Google Apps Script(以下、GAS)からSlackやLINEにメッセージを投稿する方法を紹介します。

また、GASのコードを記述しているので、コピーしてそのまま使うことができます。

関連記事: GASをclasp(CLIツール)+ TypeScriptでローカルで開発する

Slackのチャンネルにメッセージを投稿する

Slackのチャンネルにメッセージを投稿する場合は、Incoming Webhookを利用します。

SlackのIncoming Webhookに登録する

SlackのIncoming Webhook

「Slackに追加」をクリックして、投稿するチャンネルを選択します。

その後、Webhook URLが表示されるのでこのURLをコピーします。これがPOSTリクエストを送るエンドポイントです。

SlackのIncoming Webhook URL

最下部までスクロールして、「設定を保存」をクリックします。

GASのプロパティに値を保存する

Webhook URLを知っていると誰でもチャンネルに投稿できてしまうので、外に漏れないようにGASのプロパティに登録しておきましょう。

GASのプロパティは環境変数のようなもので、ファイルのオーナーしか閲覧できません。

GASから、[ファイル > プロジェクトのプロパティ > スクリプトのプロパティ]を開きます。

GAS

「行を追加」をクリックして、Key/Valueを追加しましょう。

GASのスクリプトのプロパティ

ここでは、SLACK_CHANNEL_URLをキーにしています。

GASでコードを書く

プロパティに登録した値は、PropertiesServiceを使って取得します。

slack.js
const SLACK_CHANNEL_URL = PropertiesService
    .getScriptProperties()
    .getProperty('SLACK_CHANNEL_URL')

function send() {
  // 投稿するメッセージ
  const text = 'メッセージを投稿します'

  // 投稿者名とアイコンを設定する
  const data = {
     "username" : 'Slack Panda',
     "icon_emoji": ':panda_face:',
     text,
  };

  const params = {
    "method" : "POST",
    "contentType" : "application/json",
    "payload" : JSON.stringify(data),
  };

  UrlFetchApp.fetch(SLACK_CHANNEL_URL, params)
}

GASに組み込みのUrlFetchAppオブジェクトを使ってSlackのエンドポイントにPOSTリクエストを送ります。

[実行 > 関数を実行 > send]をクリックします。

GASの関数実行

Slackにメッセージを投稿できました 🎉

Slackのメッセージ

あとは、JavaScriptで投稿するメッセージを好きなようにカスタマイズしましょう!

LINEにメッセージを投稿する

次は、LINEのグループに投稿してみましょう。

LINE Notifyに登録して、アクセストークンを取得する

LINE Notifyにアクセスして、アクセストークンを取得しましょう。

LINE Notify API Document

右上のログインを押して、アカウントを登録します。スマホのアカウントと同じメールアドレスとパスワードを入力します。

その後、右上のログインのところにユーザー名が表示されます。[ユーザー名 > マイページ]に遷移し、ページ最下部の「トークンを発行する」をクリックします。

開発者向けアクセストークン

メッセージを通知するグループを選択して、アクセストークンを取得します。このトークンをコピーしておきましょう。

このトークンは一度しか表示されないので要注意です。

Slackの時と同様にGASのプロパティにアクセストークンを保存します。

ここでは、LINE_NOTIFY_TOKENをキーにしています。

Google Apps Scriptでコードを書く

LINE Notifyのエンドポイント https://notify-api.line.me/api/notify にPOSTでリクエストを送ります。

line.js
const LINE_NOTIFY_TOKEN = PropertiesService
    .getScriptProperties()
    .getProperty('LINE_NOTIFY_TOKEN')
const ENDPOINT = 'https://notify-api.line.me/api/notify'

// 本文を組み立てる
function getMessage() {
  return `LINEに投稿するメッセージ`
}

function send() {
  const options = {
    "method": "POST",
    "headers": {
      "Authorization": `Bearer ${LINE_NOTIFY_TOKEN}`,
    },
    "payload": {'message': getMessage()},
  }

  UrlFetchApp.fetch(ENDPOINT, options);
}

Slackの場合と同様に、関数sendを実行します。

LINEへのメッセージ

LINEにメッセージを投稿できました 🎉

SlackとLINEの連携をbot化する

SlackとLINEの通知を、定期実行してbot化します。そのためには、関数を実行するトリガーを設定します。

GASのトリガーを設定する

[編集 > 現在のプロジェクトのトリガー]をクリックします。

GASの画面

トリガーの設定画面に遷移後、「トリガーを追加」をクリックします。

トリガー設定画面

「実行する関数」をsendにし、「イベントのソースを選択」で時間主導型を設定します。これで日付ベースで定期実行のタイミングを決定できます。

例えば、「毎日、朝8~9時に通知を送る」場合は、「日付ベースのタイマー」で「午前8時 ~ 9時」を選択します。

Google Apps Scriptの場合、分の指定はできないので、8 ~ 9時の1時間のどこかタイミングで関数が実行されます。

「保存」ボタンをクリックして設定を保存しましょう。これで定期実行するbot化できました 🎉

まとめ

今回はGoogle Apps Scriptを使って、SlackとLINEに通知を送る方法を紹介しました。

Google Apps Scriptを使いこなして、他のサービスと上手に連携しましょう!

Happy Coding 🎉